SECRET BASE by Team bayside BOMBER'S

カスタムバイクの製作日記&作業記録
Team bayside BOMBERSの活動日記
<< Good News! Your order has been successfully placed. | main | 新たなファミリー♪ >>
死ぬかと思った・・・。
0
    先日、スタンドの合間に仲間と「死ねば良いのに・・・。」などとアホメールをお互いに送り合っていたらスタンドの帰りに自分がほんとに死にそうになってしまいました。。。

    何があったかと言いますと、6月のレースに向けて調整が煮詰まっていないエアシフターのセッティングをしていたのですが、何となく良い感じにセッティングが仕上がってきたので普段、スタンドの帰り道として使う街中では出せても3速が限界で、3速以上の高回転高負荷時でもきちんと作動するか?のチェックがてら産業道路を帰りのルートに入れて、いつものテストポイント(公道外ですよ)でレース当日と同じように1速から全開でスタート!1速、2速と順調にシフトアップしてそのまま5速まで正確にシフトアップしていき、とりあえずまぁまぁだな。と伏せている体勢から上半身を少しだけ起こした瞬間、シールドがスタート時に曇ってしまうので少しだけ曇り止めの為に開けておいたのですが、その少しの隙間に風圧が掛かり 260kmほどの速度域で一気にシールドが全開にオープン・・・。
    その瞬間にヘルメットのシールドがパラシュート代わりとなり、シールドが開くと同時に一気に上半身が後ろに仰け反る格好になり、風圧で元の体勢に戻せず3秒ほど夜空を眺めさせられると同時に、このままではヤバイ!と無理やり顔を正面に向けようとしたところ首筋から ”グキッ!”と嫌な感触がw
    とりあえずどうにか体勢を立て直して無事帰ってこれましたが現在首を左右30度以上動かそうとすると「ピキッ!」と痛くて首元が回りませんwww
    まぁでも正面が見えない状況で一瞬脳裏に ”あと何秒で縁石に突っ込むんだろ?”って焦りましたがw、こんな事で車両を大破させなくて良かったですw


    【2008.05.14 Wednesday 16:59】 author : akane380 | DRAG RACEへの挑戦31〜40章 | comments(10) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    恐ろしい!恐ろしすぎます!!!
    私は高校生のころ、二人乗りで200km以上出したことありますが…
    後ろに乗ってる私は学ランに半帽でした。
    まぶたがパタパタパタってなったし、くちが閉じれなくてヨダレでまくるし、自分の声が全く聞こえないし…。
    風圧で顔面が変形しましたよ。
    260kmはヤバそうですね…。
    250kmはさらなる風圧の壁があるって聞いたことありますが本当ですか!?
    首作動範囲30度はかなりピーキーですね(笑)
    とにかく事故だけは起こさないで下さいよ!!!
    【2008/05/14 9:23 PM】 S14まさ |
    >S14まささん

    自分も10年以上前ですが、幕張のナンパ橋などで夜な夜な仲間内で集まっては車のゼロヨン車両などと混じって最高速バトルとかしてましたよw
    ちなみにVFRなどのリアシートが一段高いタンデムで前の人間に伏せられると結構風圧がきつくて泣きたくなりますよね!ほんとまぶたがパタパタいって洒落になりませんしwww
    あと250kmからの壁ですが、12Rはウインドプロテクション効果が高い車両なので300km付近でも伏せてしまえば身体に対してもヘルメットの中も至って静かでミッションからのシャーッっていう音が聞こえてくる程度です。
    ただウインドプロテクションの効いていない部分に少しでも顔を上げるとゴゴゴという音と共にタンク側に頭が押し下げられるか、上げすぎると今回のように車体の上でマトリックスばりに退け反りますw
    ただ逆を言えば風圧が強いのでアクセルを戻して両膝をガバッっと開いて上体を起こし抵抗を生めば、一瞬で200km近くまで車速は落ちてくれるので意外と走りやすい速度かも知れませんね♪
    まぁ公道では法定速度を守りましょうとだけ付け加えておきますねw

    【2008/05/15 12:01 AM】 Gabu |
    怖いですね〜

    とりあえず事故にならなくてよかったです^^

    ハーレーの前に乗ってた91GSX-R1100で、同じ位の速度でカウルから手を出して想像以上の力で後ろに飛ばされそうになったことがあります。
    話は変わりますが、GSX-Rは高速域の安定性がイマイチでした。250km/hを超えるとギャップをきっかけにヨーイングが始まったりして。。。
    12Rは安定してますか?
    【2008/05/15 8:07 PM】 ヘミバード |
    >へミバードさん

    徐々にヨーイングが発生するならまだしも、ギャップをきっかけに突然高速域でヨーイングを食らうと結構焦りませんでしたか?w
    とりあえず12Rはこの領域の為に作られました的なマシンなので、低速で街中を流しているよりも高速域でガンガン飛ばしている方が返って楽かもしれません。
    自分はステダンなど付けていませんが、多分、270、80kmくらいなら手放し走行でも普通に走ってくれると思いますw
    でも風圧で体を持っていかれると即アウトなのでやったことはありませんが、一度その領域で余裕をこいて足を出したら膝から下が風圧でグルングルンスクリューのように回ってしまい、アクセルを緩めるまで自力で元に戻せなくなりました・・・www
    【2008/05/15 10:40 PM】 Gabu |
    何か偶然にしては凄すぎますが、首は大丈夫でしょうか?f(^_^;


    私も今のペケで静岡行く時に180km東名高速で出しましたが、ネイギット車では既に限界域でした。

    普段も白馬の騎士居ない橋の上とかで、160kmとか出しますけど、やっぱり上半身が風圧でもっていかれかなりツライですヾ(--;)


    フルカウル車両だと、200kmぐらいはラクショーなんでしょうね?


    首、早く治して下さいね!

    しかし、公道での全開テストも凄すぎ!
    【2008/05/16 4:11 AM】 nobby |
    足がスクリューのように・・・ってこっちも怖いですね^^;

    12Rは安定しているようですね^^

    高速走行中に緩やかなカーブでギャップを拾うと必ずといっていいほどなってましたね〜

    一応大きな動きをせずにアクセルオフで、170.180までスピードが落ちるまでは納まらなかったです。。。
    【2008/05/16 10:09 AM】 ヘミバード |
    >nobbyさん

    首の痛みはだいぶ取れました!w
    ネイキッドや最近のSS系はポジションが悪いと風圧をもろにヘルメットで受けとめるので首が非常に疲れますよね。。。
    ちなみに公道ではなく地元にある2kmほどの直線がある秘密の某テストコースで一応公道外なんですよwww


    >へミバードさん

    はじめは ”おぉ!回ってるよ!回ってる!w”などと並走していた仲間に見せてウケをとっていたのですが、そのまま速度を上げてみたら、マフラーに何回も足首をぶつけるは、関節が痛いはで調子に乗って失敗しましたw
    でも左足だったらチェーンかリアスプロケに巻き込まれていたかも知れませんね。。。
    それにしてもごっついモノコックフレームのお陰か12Rは安定性だけは確かですよ♪
    とくに現状はローロング仕様なので尚更高速域が得意かもしれませんね。
    【2008/05/16 10:44 AM】 Gabu |
    Gabuさん、先日のコメ削除有り難うございました!
    朝4時にコメしてる私も変人ですが、あの時間中々アクセス出来なくて、一時中断して、サイドアクセスしたらダブってました…orz

    話しは変わりますが、昨日「リンドバーグ」と言うバイクと車の専門の本屋で、カスタムピープル読んでいたら、Gabuさんを発見!
    第1戦の模様が記事になっていて、Gabuさんの写真まで有ってビックリしましたf(^_^;

    その他では、確か「ハイパーバイク」?って言うウォンウォン&ローライダー系のバイク中心に掲載されている雑誌にZX-12Rカスタム車が載ってました♪

    これも、メタリックグリーンにオールペンされてました!
    【2008/05/17 11:49 AM】 nobby |
    首はどうですか?
    転倒無しでよかったですが、160キロくらいいでもアライのシールドは飛んでいってしまいましたが直ぐにガバット外れて飛んでいったので区部に負担はかかりませんでしたが、涙が・・・風圧はすごいですよね。

    早く首がよくなりますように!
    気をつけてくださいよお〜
    【2008/05/17 11:16 PM】 ベルボトム |
    >nobbyさん

    安心してください!自分もあの日も仕事が終わってからその時間までガレージで作業の続きをやっていましたド変体ですw
    それにしてもロリポップは編集している時もいきなり「アクセスが集中しているため〜」と接続出来なくなってしまい最近やりづらいです。。。
    カスタムピープル載ってましたか・・・。
    現状車両が全く仕上がっていないので極小でページの余白埋め程度に載っていることを願いますw 

    >ベルボトムさん

    そうですよね!以前、ベルボトムさんの記事でアライのシールドが吹っ飛んだとありましたもんねw
    とりあえず今回の件でSHOEIは丈夫な作りであることが判明しましたw
    おかげで一瞬あちらの世界が見えましたがそんなSHOEI一家におひとつ如何でしょうか?www
    【2008/05/18 1:01 AM】 Gabu |
    コメントする





     


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.secretbase.in/trackback/905694
    トラックバック
    CALENDAR
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    ANALYZE
    SBR ガンコートサービス
    NOSガス再補充について
    お問合せはこちら
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP