SECRET BASE by Team bayside BOMBER'S

カスタムバイクの製作日記&作業記録
Team bayside BOMBERSの活動日記
<< 08'JD-STER 第一戦の結果報告 | main | やはり2ストはコンパクト >>
スティックコイル用ブラックBOX完成♪
0
    先週のドラッグレースから一週間が経ち、体の疲れも癒えたところで、今回のレース用にと購入したものの、そのまま取り付ける事が出来ずに使用を延期したランチレブユニットを生かす為の部品製作用に発注していたパーツ達が先日手元に届いたので、早速、本来の設定であるイグナイター方式から最近支流のスティックコイル方式でも使用出来るようにするパーツ製作をしてみました。


    以前にもお話した通りMSD社製共にZX12Rには適合不可と注意書きではなっているのですが、やはりどうやら12Rがダメというよりはスティックコイル式がダメなようで、一体どの辺がダメなのかは分かりませんが(ただ単に新規でSC用を製作するのが面倒なだけかも?w)、一応今回製作したオリジナル品で対策が取れまして無事任意の設定回転数でしっかりレブを機能させる事が出来ました♪
    これが使えるようになると、今回のような本戦での急な回転上昇からのスタートでも意識せずにアクセルを全開にするだけで任意の一定回転数からのスタートが出来るので、もうあんな不意打ちでの悔しい思いも今では遠い昔・・・w
    ちなみに下記が今回使用したランチレブ本来の使用説明書の配線図ですが、自作の好きな方へ暇つぶし問題ですw


    今回使用したDRL-400は元々イグニッションコイル専用のパーツで、図のように-い鉢-の左右のイグニッションコイルのアース(-)側に青と白の線を割り込ませて点火信号を読み取り、指定の回転数でノイズを送り点火をカットする。といった仕組みだと思うのですが(説明書が英文なもので・・・w)、


    今回のZX12Rでは図のようにECUから各コイルにダイレクトに点火信号が送られているので本来のイグニッションコイル方式と違うため、そのままでは取り付けることが出来ません。
    そこでどうすれば流用出来るのか?


    ちなみに図のように-い鉢-のそれぞれに配線を受け渡してお互いを繋いでしまうと双方に信号が行き交いエンジンが停止してしまいますので注意です。
    そこでヒントですが、双方間で電流を流さない為に一般整流ダイオードという電気の流れを一方通行にする部品を今回は使用するのですが、この一般整流ダイオードを使用すると電気の流れが一定方向に限られてしまいますので、回転数を入力してもレブのタイミングで出力が出来なくなってしまいますw

    でももう答えも見えてきましたよね♪ 一本を4本に分岐して・・片方を入力、もう片方を出力・・・といった感じに答えは数パターンあるハズですが、今回自分が採用したのは、トラブルのリスクを少なくする&お安く仕上げる為、下図のようにシンプルに製作しました。


    回転信号はECUの回転信号から拾って、もう一方の配線にダイオードを組んでコイルへレブ信号を送る。結構誰にでも製作出来るシンプルさですよね? 今回のレースでとあるショップの車両にDRL-400が付いていたのでスタートの状態を確認しようと思ったらランチレブを使用せずにスタート。 まさか・・・ニヤリ。あなたの車両ももしかして〜!などと思ってしまいましたがw、まぁ何か秘策があるのでしょう。。。
    とりあえず今回のような事でお困りの方にはこんな部品や方法もありますよ的なネタでした♪
    ※タコメータの信号では正確な回転信号が読み取れない車種もありますので、そのような場合にはそれに合わせた対策が必要です。


    そんなわけでこちらが完成品ですが、本当はこんなに大きなケースは要らないのですが、これしか無かったのでこれで我慢するとして、今回のランチレブ取り付け任務無事完了です♪
    これを付けて望める事は、スタート時のミスを軽減するだけなので、そこまでタイムアップに影響するわけではありません。なので、あとはタイムを縮めるための仕様変更に着手したいと思います☆
    【2008.04.26 Saturday 15:50】 author : akane380 | DRAG RACEへの挑戦31〜40章 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする





     


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.secretbase.in/trackback/888014
    トラックバック
    CALENDAR
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    ANALYZE
    SBR ガンコートサービス
    NOSガス再補充について
    お問合せはこちら
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP