SECRET BASE by Team bayside BOMBER'S

カスタムバイクの製作日記&作業記録
Team bayside BOMBERSの活動日記
結果的に大失敗!?
0

    去年の暮れにスカイラインの代車として彼女に乗せていたホンダのロゴが車検切れとなり、オートマが要修理なため継続はせずに急遽知人から引っぱって来たマツダのキャロル(E-AC6P)をまた代車として渡したのですが、さすがにこれは容姿的にマズかったようで、自分のアリストを復活させてアリストに乗ってパワーなどに慣れておいてもらうことにしましたw
    そこで車検を通す為にコツコツとフロントと両サイドのスモークを剥がし、色々大気開放などの痛い部分をラインが通るよう合法にして・・・と、かなりダルイですw


    そんな痛い車を直す側らで痛い車の製作も進んでいるのですが、スカイラインのフェンダー制作もいよいよ終盤に入ってきました。


    ちなみに、例のYオクで購入したR32→R34顔変換フェンダーですが、本当に出来が悪く、全体の修正が終わったと思うと次の修正箇所が現れ、あっちを立てるとこっちが凹むのイタチごっこを繰り返す泥沼に嵌められて、最終的にはこんな感じで修正をしました↓


    当時、Yオクでの商品説明で「現車に合わせての加工が必要」と書いてあり、それは100も承知と購入しましたが、さすがにここまでマスターの狂っているモノだとは思いもしませんでしたwww
    作業をしながらなぜここまで全体の寸法が狂っているのか考えたのですが、もしかしたらこのフェンダーのマスターを制作した人がR34のボンネットをそのまま流用せずにR32とR34のボンネットを途中で切って二個イチで制作し、そのボンネット寸法での現社合わせで全体の角度などを合わせたので純正R34ボンネット形状に対し必要に長く、バンパー周辺の角度が合わない製品が出来たのではないかと考えました。
    逆を言えば、このフェンダーに合わせたボンネットを制作してライト位置なども決めろと考えていたのか、はたまたそのボンネット専用のフェンダー形状だったのか。。。
    とりあえず確実に言える事は、横着せずに当初のオリジナルデザインのフェンダー制作をしていればこんなにも苦労せず確実に理想の形に仕上げることが出来た・・・。ということです。。。
    そんなワケで心が折れたのでこのフェンダーは断念して捨てます・・・。


    などと言うハズもなく一応デザインは完成しましたw
    あとはパテの巣穴取りなどの修正で完成ですが、まずは依頼を受けている作業とアリスト・・・。その後このフェンダーに合わせたサイドステップの加工に着手しながら作業を進めて行きたいと思いますのでR32は少しお預けですw
    ちなみに、以前ニュースで見た米軍の艶消しグレーを見習って遊びで塗ってみたのですが、なかなかイイ感じの綺麗な色でした♪
    【2008.02.02 Saturday 17:02】 author : akane380 | R32→SR34?ヘンテコ製作21章〜 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    当初の人生計画が・・・。
    0
      ヤバイです。十代、二十代前半にかけて仲間や後輩が事故やその他の理由でこの世を去り ”自分達の生活って30歳まで生きられないんだろうな・・・。”と当時の周りの人間関係を見て勝手に予想していたのですが、何だかんだ8回大きな事故を経験し、毎回死にそうで死なない悪運の強さに助けられついに三十路がすぐそこまでやって来てしまいました☆
      そこで最近寝る時にふと思うのですが、よく年上の方から「男は30過ぎてからが勝負でしょっ!」と言われていたので、 ”あれ?そうだ、俺今年30だ。今のままで良いのか・・・、っていうか、何も変わらず40を迎えてたらどうしよう。。。”と、早い話が将来がかな〜り不安になってドキドキしてきましたw
      まぁ、いまだに好きな事を好きなようにやっているんだから羨ましいよ!と家庭を築いた仲間内から言われる事もあるのですが、そんな生活の為に裏ではこんな生活を送ってたりして↓


      こちら自分の普段の生活を24時間で表したものですが、もし仲間がこの地獄の生活表を見て「それでも羨ましいよ・・・」と言えるのであれば家庭の方が相当上手くいってないのでしょうねw


      ちなみに急ぎの作業に追われている週末はスタンドから帰宅することなくぶっ通しで戦い、たまに3連休だともう1日追加で不眠作業となりますw

      そこで問題なのが、先にも申したとおり、このままの生活を一体いつまで続けなければならないのか?
      そろそろ将来的なことも考えここいらで決断をせねばならないと最近になって少しずつ考えるようになってきたのですが、考えれば考えるほど考えが煮え切らないんですよねw
      一番上の図で分かるとおり、スタンドを辞めてしまえば、平日にガレージで作業できる時間が現在の3時間から9時間へと3倍になるのですが、ガレージの設備費やマシンの維持費など絶対的な安定収入がないと今は少し厳しいのが現状です。
      そして、かなり前から”見たい見たい!”と言いながらシーズン1すら見れていない"24"がいつ見れるのか非常に気掛かりでしたが、いい加減見たい見たい!と思っても、どうせ全シーズン見れる暇もないので、近頃ではどうでも良くなってきましたwww


      そんな事よりも今は、この画像のボンネットのダミーダクトを本物のボンネットダクトにしてしまおうか悩み中です。でもこのダクトを生かすと洗車や雨の時にエンジンが水浸し・・・。でもこのままだと水溜りw どっちにしても水は天敵らしいですw


                 ☆★下記Blogランクに参戦しています♪★☆             
                  にほんブログ村 バイクブログへ & 
                  ポチッとワンクリックよろしくです☆
                
      【2007.12.19 Wednesday 02:18】 author : akane380 | R32→SR34?ヘンテコ製作21章〜 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      撤収!! 最近限界が近いです・・・。
      0

        最近自分で思うのですが、以前に比べて身体がかなり虚弱になっているような気がします。。。
        先週風邪を引いてやっと治ったと思ったら本日また風邪の症状が復活。
        本当にもうやる事が多いので風邪などに構ってられないのですが、こればかりは自分で振り切ることも出来ないので風邪薬と栄養ドリンクで風邪に打ち勝つためチャージ♪
        いつもならこれで結構身体を誤魔化せるのですが、今回は逆に体調が悪化して思考が動かなくなってきたので予定より早めに撤収してきました・・・。
        やはり三十路手前ともなると毎回お馴染みドリスタンではなく、そろそろ大人なユンケルにレベルアップせねば無理が利かないのでしょうか?w とりあえず作業を進める為にも本日は素直に堕ちます。。。
        それと前回お伝えしたDio、ZX6R、バリオスA、ゼファー400の新しいオーナーが無事決まりました♪
        近々この4台のお別れ整備もせねば・・・そしてスカイラインと12Rの製作も急いでと・・・。体制を整える為とはいえ、身体が持つか少し心配です


                   ☆★下記Blogランクに参戦しています♪★☆             
                    にほんブログ村 バイクブログへ & 
                    ポチッとワンクリックよろしくです☆
                  
        【2007.12.09 Sunday 03:53】 author : akane380 | R32→SR34?ヘンテコ製作21章〜 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
        失敗!!大誤算してました。。。
        0
          先日、自分が大失敗というより大誤算をしていることに気付いてしまいました・・・。
          その誤算とは現在製作中のスカイラインの作業スケジュールですが、完成は来年の1月〜2月を目処に、これからサイドステップやリアバンパーの製作に入ろうと思ったところ、なんと今スカイラインの代わりとして彼女が乗っているホンダのロゴの車検が、来年の12月ではなく、今年の12月(22日)に車検が切れることが発覚。。。 さすがにロゴの車検を取ってしまうとスカイラインへの余力が無くなってしまうので車検を継続する考えは現状無く、なんとか期日までにスカイラインを復活させねばならないのですが、現状、製作途中ということもあり一体どうすればいいのやら途方に暮れてしまいました・・・。



          そしてとりあえず彼女に話をしたところ ”別にバイクがあるし気にするな!”と言ってはくれたものの、自分のやりたい事を昔から理解してくれ、「やりたいなら最後までやりな」と無理をして理解してくれている彼女に自分の腑甲斐無さでこれ以上負担を掛けたくない・・・。と余計に気分が凹みました。
          とりあえず現段階でフロントバンパーとフロントフェンダーは一気に仕上げまでもって行くことが可能ですが、サイドステップとリアバンパーは22日までに間に合わないので、後日タイミングを見て製作する感じで一旦乗れるようにする事優先で作業を進めるか、どうにか数ヶ月だけ車検の余っている格安の軽自動車を探して一時的な代車にするか・・・。

          それにしても、去年もお伝えしましたが、昔から自分の誕生日に事故や病気、仲間の不幸や問題事など、何かと問題が起きるジンクスは今年はさすがに続かないだろうと先日のツーリング先でも仲間と話をしていたのに、まさか自分の誕生日で車検が切れるとは・・・。でもこれしきの事なら誰も痛い思いをしていないので良いのですがねw
          とりあえず真冬に単車だけってのは彼女には厳し過ぎると思うので、これからの作業は、いざとなったら乗ることも視野に入れつつ、代車代わりになる車両の手配も同時に行ないたいと思います。

          ちなみに上の画像は<加熱して今にも熔けそうなガラス繊維の図> と言うのはウソで、



          ただ単にFRPの硬化を促進するために裏からハロゲンを当てていた状態で、透かして見えた光具合が綺麗だったので写してみましたw 


          そんな訳で、前回フェンダー側でバンパーの取り付け角を修正しましたが、その後、何となくバンパー後端からサイドステップにかけての高さの違いが気になって仕方なかったので、お互いの高さがフラットになるようバンパーの下側もフェンダー同様に一度カットして余分な部分を詰める加工をしました。こんな感じで時間に左右されずに納得するまで作業出来れば良いのですが。。。
          とりあえず時間の問題はもう少し対策を考えてみます☆


                     ☆★下記Blogランクに参戦しています♪★☆             
                      にほんブログ村 バイクブログへ & 
                      ポチッとワンクリックよろしくです☆
                    
          【2007.12.05 Wednesday 02:47】 author : akane380 | R32→SR34?ヘンテコ製作21章〜 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          魔の白い粉 (タルク編)
          0
            先日、ここ最近毎日気温が低くなり本格的に寒くなってきたので、いい加減夏用のパテから冬用のパテに変えようと思い近所のホームセンターに行ったところ、いまだに夏用のパテが陳列されていました・・・。まぁハロゲンで熱を加えてあげれば問題は無いのですが、何も気にせず買ってしまったお客さんはなかなか完全硬化せずでちょっと面倒臭い事になりますね。。。


            そんなこんなでとりあえず夏用のパテを使い切る為にも、本日は前回に裏側からFRPで固定したFフェンダーのカナードを表からも固定(繋ぎ目隠し的に)して全体を整形し整えて行きたいと思います。
            そして上の画像が前回の最終段階での画像ですが、裏側からFRPを貼って取り付けたカナードとフェンダーの繋ぎ目部分は殆ど段差がないフラットに近い状態で取り付けているので、最終的なデザインを考えると、この状況ではこの部分にあまり厚くパテを盛ることが出来ません。なのでこの部分にパテを厚く盛れるようにマイナス(凹)を作る為+後々のクラックなどの問題を無くす為にも一度軽く接合面の面取りを行ないます。※後ほど図で簡単にご説明します。



            そしてざっと研磨した状態が上の画像のような感じですが、感じ的にはカナードとフェンダーと裏から貼ったFRPを段差を無くし一体モノにする感じでザックリ研磨してマイナス(凹)面を作り、この後のパテでの修正作業で最終的に±0(予定のデザイン)にしていきます。


            そして、先ほどお伝えした面取りの意味と重要性ですが、パテなどを使った補修の後にクラックや剥がれが生じるのはこの部分がしっかりと完了していないことが原因なモノも多いのですが、モノとモノとを接合する際には接合面に強度が要求されますので、下に切れ目やヒビなどがある部分で尚且つパテなど厚盛りが出来ない箇所は、初めに面取りをしてパテを盛る部分を一旦マイナスにしておくとその分、肉厚を厚く出来て強度が稼げるので耐久性が向上します。


            また、切れ目やクラックのある部分にそのまま薄くパテを盛ってもベースがしっかりしていないといつかはまた一瞬の衝撃などで割れてしまいますので、出来ることならその部分をひび割れの下まで削り込んでしっかりとパテなどを充填する必要があります。



            とりあえず極端に大ざっぱな図ですが、表面をフラットにする事を前提に考えた時には、[A]よりも[B]の方が接着面積が増えるので強度が稼げ、一定方向以外の振動にも耐えやすくなります。


            そして上記の基本を踏まえた上で今回は通常のパテでは強度的に心配なのでファイバーパテなどを使うのが理想なのですが、自分には少し高いうえに強度が強すぎて研磨が大変なのでw、今回の用途であればタルクでも十分に強度確保できると思い、一番初めの一層目はタルクという材料を使用していきます。
            そしてこのタルクですが、FRPに使用するガラス繊維を粉々に粉砕しパウダー状にして使用するガラスパウダーの仲間?で、同じく鉱石を粉々に粉砕してパウダー状にした粉を増粘剤としてFRP樹脂に混ぜ、ポリパテとして強度の必要な部分やスポットなどに使用するFRP作業ではちょくちょく活躍するポピュラーな存在です。



            -----------------------------------------------------------------------------------------------------
            タルクの粉は非常に粒子が細かいので風が無くてもふわっと舞い上がります。なのでパテやFRPの研磨時もそうですが、防塵マスクを必ず着用してください。またFRP繊維やFRP研磨時にガラス繊維が毛穴に入るとチクチクしますが、擦ると余計毛穴に入りますので熱めのお風呂に浸かって毛穴を開かせると良いです。でもいつかはチクチクにも慣れます・・・w
            -----------------------------------------------------------------------------------------------------




            ちなみに作り方ですが、普段FRP作業をする際に作るFRP樹脂と同じモノを硬化剤などを混ぜて用意しておき、その樹脂の中にこのタルクの粉を好みの粘度が出るまで足しながら混ぜて行き・・・、


            このように自分が使いやすい粘度、または使う用途に合わせた粘度のペースト状になれば完成です♪
            ※タルクを多めに入れる時は、多少硬化剤も気持ち多めに入れた方が失敗がないと思います。ただし、通常の樹脂は樹脂100に対して硬化剤1〜2%の添加(目安であって季節や天気に左右されます)ですので、ほんの気持ち程度にしないと硬化の際に急激に発熱して割れたり、逆に強度がもろくなるので注意が必要です。また樹脂の量を少なめにセットして足りなかったら継ぎ足す方がタルクを無駄にしなくて済みます。



            そしてタルクの準備が出来たら、あとはパテべらなどでパテ同様に盛り付ければ良いだけなので意外と簡単ですが、硬化後はパテと比べ物にならない位に硬くなりますので、下手に厚盛りしてしまうと研磨作業で地獄をみますので注意ですw


            そして先ほどのタルクを盛り付けして次の日に撮影したものですが、これを繋ぎ目がフラットになるように研磨して不要な分を取り除きます。


            こちらの画像の研磨が終わった状態を見ていただけると、先ほどの図でお伝えした肉を残すという状態が分かり易いのではないかと思いますが、一番初めにマイナスを作った部分にタルクを流すことで当初の±0に修正しました。
            ちなみにタルクは強度はありますが、柔軟性はありません。なので最低でも力の掛かるお互い(フェンダーとカナード)の中心部分には2〜3mm程度の厚みが無いとタルクでもクラックなどを引き起こす原因になりかねませんので、その辺を考慮した上で下地作りをして盛る必要があります。



            あとはパテを全体的に盛って、歪みや巣穴などを修正すれば作業は完了です♪

                       ☆★下記Blogランクに参戦しています♪★☆             
                        にほんブログ村 バイクブログへ & 
                        ポチッとワンクリックよろしくです☆
                      
            【2007.11.29 Thursday 03:05】 author : akane380 | R32→SR34?ヘンテコ製作21章〜 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            CALENDAR
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << November 2018 >>
            NEW ENTRIES
            CATEGORIES
            ARCHIVES
            RECENT COMMENT
            RECENT TRACKBACK
            ANALYZE
            SBR ガンコートサービス
            NOSガス再補充について
            お問合せはこちら
            MOBILE
            qrcode
            LINKS
            PROFILE
            SEARCH
            PAGETOP