SECRET BASE by Team bayside BOMBER'S

カスタムバイクの製作日記&作業記録
Team bayside BOMBERSの活動日記
スポンサーロゴの配置選択
0
    前回、ステッカーのロゴ製作途中に塗り絵に走ってしまい少しタイムロスをしましたが、どうにかGSX-Rで使用しているパーツやオーナーの愛用しているウエアなどのロゴが揃いました。


    今回のGSX-Rで使用するロゴの大まかなコピーですが、以前、兄もカッティングマシンをまだ持っていなかった頃は、大量なカッティングの場合、手作業では追いつかないので仕方なしに工芸屋さんで一文字300円とか400円を払ってカッティングをしてもらっていたのですが、そう考えると今回の仕様は当時の自分が見たらヨダレを垂らす勢いのカッティング量だと思いますw


    そして、このコピーをカウルに仮付けして最終的な配列やサイズなどを決めていくのですが、始めは気分任せで画像のような感じで適当にカウルにペタペタと貼り付けていきます。それにしても少し多すぎたかもしれませんね・・・。ちなみにこのロゴの中に間違いが一つありますが、気にしないでください。ほんの気持ちですのでw


    そして入れ替え差し替えでいろいろなパターンを試して最終的な配置を決めたのですが、バッテリーのメーカーを間違えていた事に今気付きました...。確かYUASAでは無くACDelcoに変えてあるハズだったような・・・。と言うより、左右でカウルの形状が若干違っているので左右で対称にするべきかどうするかを只今検討中ですので、この配置から最終的には若干の変更が入ります。。。
    そしてこのマシンに羽を付けても宇宙には行けないんだよ!っと仲間に言われヤツは剥がされましたw ..._φ(TдT ) ユメヤブレル・・・
              ☆★下記ランキングに参戦しています♪★☆             
                にほんブログ村 バイクブログへ & 

                ポチッとワンクリックよろしくです☆

    【2007.04.22 Sunday 04:35】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 1〜10章 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    GSX-Rのデザインをデザイン♪
    0
      先日はGSX-Rの作業が塗膜が安定するまでお預けなので、家でステッカーロゴなどのデザインを製作することにしたのですが、ロゴの配置決めをする為に車体の画像を見ながら検討している時に思ったことが、毎回作業に着手する前にデザインを決めておいても自分の頭の中でしか表現していないので、たまにあやふやな部分が発生して、色合いや形、角度などをどうしようかと二択や三択で決めているので、これからはもっと具体的な完成予想をPC上で製作出来ないものか?と少しだけイラストレーターで挑戦してみたのですが、やはり想像以上に難しくあっさりと諦めました。。。


      そしてこちらは普段使っているレタッチソフトを使って塗り絵感覚でイタズラしたモノで、パソコンを使って初めてデザインを具体的に起こしてみたのですが、なんとな〜くイメージに近いモノが出来たような出来ていないような気がします。んが、根本的にブルーの色が前回塗装したにもかかわらず同じ色をしていませんのでイメージとしてはボツですw


      でもパソコンを使ってデザイン出来ると画像のように同じベースを使ってアンダーカウル部分の塗り分け方の検討など、一部分だけ変更して比較検討する事が容易に出来るのは非常に魅力的です。
      自分の周りで革細工やシルバーアクセサリーを専用ソフトでデザインして製作している仲間を見ていると、毎回、何通りもの色やデザインをパッパッっとボタン一つで変更してデザインを煮詰めていくのですが、やはりデザイナーはテクが違いますね...。
      みんなそれなりに苦労して勉強と経験を積んできたのだろうと思うと、なかなか時間も作れない&パソコン苦手人間の自分としては、いつかそのうち!などと思いつつも後回しにして逃げていますが、本当にそのうち勉強して徐々に挫折していきます♪
                ☆★下記ランキングに参戦しています♪★☆             
                  にほんブログ村 バイクブログへ & 

                  ポチッとワンクリックよろしくです☆


      【2007.04.20 Friday 00:27】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 1〜10章 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      GSX-R1000高級キャンディーペイント
      0


        すんませんっっ!タイトルは冗談です。。 格安で頼まれているので ”高級”だなんて言葉は口が裂けても言えません! 逆に適当だったりして・・・w んなわきゃないです!などと冗談を言いつつ、ただ何となく高級そうに見えて欲しいなぁ...。と勝手な希望を抱きながら撮影してみただけですw パシャッ! Σp[【◎】]ω・´)フンイキダケデモ・・・
        それにしても、このGSX-Rの外装は全部で16点ものパーツで構成されているのですが(インナーカバー除く)、今回はオーナーの身の回りのバイクウェアの色に合わせてブルー系の色にしますと言いましたが、前回のフォルツァで濃いブルーを使ってしまったので、同じ色ではつまらん!と今回は逆に淡い感じのブルーに決定♪
        そして作業に入ったのですが、キャンディーペイントは薄い色ほどムラになりやすく(目立ちやすく)、フォルツァの外装に塗装した濃いブルーの時以上に今回は色ムラが出ないよう気を使いながら薄〜く薄〜く、一気に思いっきり吹きたい衝動を我慢しながら徐々に吹いて、気が付けば塗装開始から捨て吹きクリアー工程終了までに十時間以上かかってしまい、その間、塗料を回数を分けて調合したり、全体のバランスを調節したりと、カウルの数が多い為、ずっと神経を集中させていたので精神的にかなり疲れました・・・。....(;_ _)/|ハァ・・・



        それでも作業的にはミスも無く作業も無事に終了し、30分ほどボケーっと放心状態の無気力で過ごし、塗膜も安定してきたので一安心して各部をチェックしたのですが、なんだかこのフォントを使ったデザインって自分的に好きなデザインで結構気に入ったのですが、いかがなモノでしょうか?発想が単純だった分、成果もそれなりかも。と思っていたのですが、”とにかく今回は後々のためのデータ取りも兼ねて経験しないと後につながらないし、とりあえず失敗だと気付いたらその場で塗装を中止して一からやり直しすりゃ良いか...。”と今回は玉砕覚悟で挑んだので、心の中でOKが出た瞬間、疲れも吹き飛び、安堵感からか真夜中に一人で喜んでしまいましたw
        ただ始めての試みだったので仕方がないのですが、「あそこをもっとこうすれば良かった・・・。」とか「ここはこうの方がイイ」など、次から次へと反省箇所が出てしまったので、次は今回の経験を生かして、もう少ししっかりとデザインを纏められればと思います。ヽ(゚∀゚)ノ プライスレス!     ジー |∀・).。oO(・・・)

        それにしてもここ最近は自分のブログに来てくれる方の数も多少なり増えランキングへの投票など、そちらの面でも喜びが大きいのですが、逆に塗装や製作モノになるとどんな方が見ていて作業や記事に対してどんな評価を下してくれるのか分からないので下手を打ちづらい。ある意味、カスタムビルダーの方がショーカーを作る時くらいの意気込みで、なるべく恥をかかないような作品を作らなくては!。と良いプレッシャーになりますので今このブログを見て下さっている方々に日々感謝です♪
                  ☆★下記ランキングに参戦しています♪★☆             
                    にほんブログ村 バイクブログへ & 

                    ポチッとワンクリックよろしくです☆

        【2007.04.18 Wednesday 02:17】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 1〜10章 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        どうにかフォントデザイン完成♪
        0
          GSX-R1000のタンクとシングルシートカバーへのデザイン製作がどうにか完了しました♪

          上の画像が前回お伝えした状態で、今ひとつスペース的にデザインが埋まりきっていなかったのでセコセコとカッティング作業を進め、どうにか多すぎず少なすぎずで仕上がりました。(。-∀-) ニヒ♪


          ちなみにマスキングですが、十代の頃はデザインカッター片手に大変な時間と労力を使って一つ一つ手作業で切り抜きをしていました。それでもここ数年は、マスキング用のカッティングフィルムがあることを知り、兄が仕事で使う為にカッティングマシンを以前から持っていたので、その都度、デザインを兄に渡して製作してもらっていたのですが、ここ最近の作業量を考えると毎回、毎回、兄に頼むのも申し訳ないので、思い切って自分に扱えるかも分からないままローランドのDG STIKA/SV-15を購入しました♪ ( ▼Д)y-~~ マイドアリ!   ...(´д)ボンビー
           購入に際して、今の自分には勇気のいる決断で結構痛手な出費でしたが、思い付いたモノを誰に遠慮する事無く、その場でサッと形に出来るので、時間対効果はかなりありました。ただ自分は、兄のようにPCに詳しい訳でもなく、イラストレーターやその他の腕や環境が非常に乏しいので、オリジナルのイラストデザインなどを作るには到底及ばない状況なので、今後は徐々に出来る範囲でマスターして痛い出費を取り返すべく費用対効果も上げたいトコですが、既に何度もイラレで撃沈、完全に心が折れて挫折気味w そして兄の作ったトライバルデザインなどをCDに焼いてもらい楽しようとしたら自分のソフトが古すぎて対応しきれませんでした...。(・∀・;)...!!


          そしてカッティング作業自体は機械がガタゴトと勝手に作業してくれるので、デザインを打ち込んで後はマシンに出力すれば良いだけの話ですが、機械がやってくれるのはカットだけなので、調子に乗って上の画像のような細かい文字をデザインすると文字を抜く作業でかなり後悔しますw メ、メンドイ!!Σ(゚д゚lll)ガビーン
          それはナゼかと言いますと、カッティングマシンの刃の切れ味が良いお陰?で、カットした文字を切り抜こうとするとシートがカットされた事に気付いていないかの如く粘着質が引っ付きあい他の部分まで一緒につながって剥がれようとし、これを無理に引っ張ると簡単に文字の一部分が裂けてしまうので片方を片手で押さえながら、もう片方の手でピンセットなどを使ってゆっくりと剥がすのですが、これが画像の文字のように一文字が5mmほどと細かい文字だとAやgなど中に○や△を残さなくてはいけないので細かすぎて逆に大変ですw そんなこんなで苦労しながら画像の切抜きだけで約4時間も掛かってしまいました・・・。しかもタンクのデザインの一部分に使う予定が寸法を間違えてしまいボツになるハメに。。。 (;◎Д◎){テツヤシタノニ・・・    
          でも苦労したデザインなので、どうにかして使ってやろうと思い普段シングルシートカバーで覆われ隠れてしまうこの位置にプレート風にして無理矢理使ってやりましたw ちなみに文は本来タンクに使用する予定だったので、その分の寸法分だけ文字を入力したので、途中で文が終わっていますが無視してください・・・。( ゚Д゚)y─┛~~

          そしてどうにか出来上がったデザインがこちら↓

          タンクと・・・

          シングルシートカバーです。このデザインがあれば、信号待ちで隣のおじさんに ”そのバイクはバルブ径いくつ?”とか ”制御系はどうなってんの?”と突然聞かれても、もう恐れる必要はありません!←海外の通販風 |Д`)・・ソンナジョウキョウネーダロ・・・
          まぁ、そんなおじさんが居たら、即友達になりたいものですが、それにしても今回のGSX-R1000は新機能と言うのか、新構造というのか、前からあったような機能まで全てに名所が付けられていて、ある意味助かりました。。
          ちなみに危うくPVD(Physical Vapor Deposition:物理蒸着)を間違えてBVD(アンダーウェアメーカー)になっている事に気付かずにカッティングしてしまい、あのまま気付かなかったら大恥かくトコでしたwww Σ(゚Д゚;)アラマッ!パンツマン!!
          そしてどうにかベース作りも完了したので、これでやっとキャンディーの工程に移れます♪ それでもまだ全工程の三分の一程しか作業が経過していないので、まだまだ先は遠いですが、完成を楽しみにされているので頑張ります...。(+д+)ハラヘッタ・・・
                    ☆★下記ランキングに参戦しています♪★☆             
                      にほんブログ村 バイクブログへ & 

                      ポチッとワンクリックよろしくです☆

          【2007.04.16 Monday 02:45】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 1〜10章 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          GSX-R1000の成り行きデザイン製作
          0
            GSX-R1000のデザインが何となく思い付いたので、早速作業を開始しました。
            デザインといっても全体的な色使いや塗り分けなどは、ある程度決めていたのですが、タンク上部とシングルシートカバーに、いかにも ”デザインを入れろ!”的なプレス部分があったので、そこに何を入れるか迷っていました。
            当初の候補は、ゴーストフレアーもしくは、今回、ベースがブルー系なので海中をイメージしてイルカでも泳がせようかと考えていたのですが、何となく無難なので却下。
            その後、トライバルで模様を入れようと決定したのですが、他の車両でトライバルを入れる予定の車両があるので、これも却下して...。
            優柔不断なので悩みはじめると、あれもこれもといつまでも悩み続けてしまうので、「悩んだ時にはもっと追い込むべし!」っと言うことで、部屋にあった読み途中の相対性理論の本を読み始めることに・・・。 (・∀・)つ カンジガヨメン!!
            その時に何気なく思ったことが、アインシュタインが現在に存在し、今の技術をフルに使いこなせたとしたらどんな発見が生まれるのか? また頭のデータ回路と思考力はどんな発想で物事を処理していたのか?などと考えていると、GSXのオーナーとの話の中で ”GSX-RもK1からK5で豪く変わりましたよね〜”という話を思い出し、「初期型と現行」、「データと思考」のキーワードをヒントに成り行きでデザインが決定しました♪
            それがコチラ↓

            「初期型と現行」のキーワードで思いついたのがこちらの古代文字っぽいフォントをラップ塗装ベースの上に並べて薄く塗装し、昔の文明のようなメッセージ?をイメージして初期→古代風にペイント。

             
            さらにその上に「現行→現在」と「データと思考」をヒントに、GSX-R1000に搭載される新しい技術やシステムの名所、データをデザインし適当に塗り重ねました。本当はマトリックスで使われていたような膨大なデータをイメージしてカッティングを進めていたのですが、あまりの大変さに断念。。。ちなみにカッティング作業が追いついていないので現状これだけですが、もう少し文字数は増える予定です。が、その作業もやはり大変ですw でもカッティングは骨の折れる作業ですが、自分は今までに文字を柄として使った事がないので、今後、この選択がどうなるのかが楽しみです。
                      ☆★下記ランキングに参戦しています♪★☆             
                        にほんブログ村 バイクブログへ & 

                        ポチッとワンクリックよろしくです☆

            【2007.04.14 Saturday 02:13】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 1〜10章 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            原付+ビクスク+レプリカ=場所が無い・・・。
            0
              先日からDio-ZXの塗装を開始したのですが、今回は外装及びインナーの両方を塗るので早速、車体からカウル類を一通りバラし、その後、足付け研磨をしてサフェーサーを吹いたのですが、原付だと思ってナメていたら普通に部品点数がネイキッドの2倍近く多く、現状でガレージ内に部品を置くスペースが足りなくなってきました・・・。


              ちなみに上の画像分が外装で、さらにインナー部品がまだ他にも5点もあります。同時進行しているMF06 フォルツァとGSX-R1000の部品を合わせると30点近くも部品があり、塗装ブースに部品を入れっぱなしにしてイタズラされても嫌なのでガレージ内に部品が所狭しと置いてあり、スペース的な問題で他の作業がやりずらくなってしまいました。
              なんだかここ最近、作業効率が非常に悪いです・・・。ρ(TωT、)

                        ☆★下記ランキングに参戦しています!★☆             
                          にほんブログ村 バイクブログへ & 
                          どちらも応援クリックよろしくです!
              【2007.04.14 Saturday 01:53】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 1〜10章 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              1300R隼 vs GSX-R1000 妄想族再び
              0
                こんにちは、以前GSX1300R 隼を購入しようとするも銀行融資で断られ、世界の底辺にまた一歩近づいた感の強いダメ人間です...
                先月の末から作業を再開したGSX-R1000 K5ですが、また一台ガレージから車両が出たこともあり、先週末やっと車体をガレージに入庫することができ、本格的な仮合わせが出来るようになりました♪


                今回のカラーリングは純正のデザインに少し手を加えた感じのデザインにしようと思い作業を開始。そして当初は色、デザイン共にお任せペイントでしたが、オーナーより「以前の純正カラーに合わせてツナギなどを青系で統一してしまっているので出来るだけ合うように」との意向を受け、当初よりブルー系の色でいく予定でしたので色彩は問題無いとして、後はオーナーが以前に知り合いのペインターの方に塗ってもらったフレアーデザインのヘルメットにもついでなので合わせたデザインを製作することにしました。が、現状あれもこれもとデザインが入り乱れて悩み中です。。。

                それにしてもこの車両のオーナーの周りには現役レーサーや街道レーサーなどぶっ飛んだ方々が多く、それなりに現行のスーパースポーツやメガスポーツ車の評価などの情報が盛んで、それを元に以前、購入に悩んだ隼とGSX-R1000のマシンスペックのことなどで話をしていると大変有力な情報などを得ることができ、実際にレースとして乗っている方の率直な意見として聞くことができました。
                話をしているうちにGSX-Rを金利など小さなことに囚われず普通にローンで購入してしまおうかと一瞬衝動に駆られそうになりましたが、隼のエンジンパーツをちょこまかと集め始めてしまっている手前、やはり時期を見て隼購入しか無いようです・・・。

                そしてこのGSX-Rで関心した事は、まず徹底的な軽量化の為か、カウル類の一つ一つにネジやステーが他車に比べ殆ど無く、全体のカウルをパズルのように組み合わせることで初めて装着が可能となっており、一部分づつ単体で取り付けるよりも、ネジやステーなどのコスト軽減と軽量化の両立を図っているように思えました。また純正のカウルは非常に薄くペラペラでホイルなどの塗装も塗膜が薄くコストを主要部分以外では徹底的に落として他の部分に貢献しているのだろうとも感じました。
                今回、スズキが勝つことだけを目的に採算度外視で製作したと言われる車体+高出力なエンジン。実際に色々と細部まで見てみても、普段1●0Kmの加速領域からでもアクセルワーク一つでフロントをポンっと軽く上げて、あっさりと●00Km台にそのまま突入する脅威の市販車で有る事が納得できましたw
                そしてその領域でのフロント着地が”かなり恐怖!”で、さらにR357にて空き缶をそのスピード域でウイリーしながら踏んだ時は人生終わったかと思った・・・と言うことも更に納得ですw
                          ☆★下記ランキングに参戦しています♪★☆             
                            にほんブログ村 バイクブログへ & 

                            ポチッとワンクリックよろしくです☆

                【2007.04.12 Thursday 00:45】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 1〜10章 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                GSX-R1000と凄いおやじさん
                0
                  今回のGSX-R1000のペイントは格安お任せ塗装と言うことで色々とデザインを考えたのですが、希望としてハデ系はNGとのことで、たまにはパッと見、純正のような感じで製作してみようかと思います。

                  それにしてもこのGSX-Rのタンクを仮デザインしてみたところ、タンクのプレスラインに沿ってラインを引いてみると右と左でラインの高さやカーブのアールが微妙に左右対称じゃないことに気付いたのですが、これってどうなのでしょうか? ちなみにこの車両はまだ購入後間もないので変形とかは無いと思うのですが、とりあえずはデザインがやりにくいです・・・。
                  それと、作業の際にスペースを確保するため、天気の良い日はバイク屋っぽくガレージ内の車両をガレージの外に出して並べているのですが、例のMF06 フォルツァをガレージの前に置いてガレージの中で作業していると、通りがかりの人などがフラッとガレージに立ち寄ってくれ、なかには友好的な話もあったりで結構やった甲斐が有りました♪
                  そんな中で以前から、ある自動車メーカーのおやじさんがガレージのすぐ近くのTディーラーへ定期的な視察にやってくる度に、ディーラーの営業所から作業場への通り道にある自分のガレージにもチョロっと顔を出して雑談していってくれるのですが、そのおやじさんはバイクが昔から好きらしく、”もうすぐ定年だから定年したらゆっくり昔から大事に持っているバイクをレストアして直すのが夢なんですよ。もし直ったらツーリングにでも行きますか?”などと話の流れで言っておられたので、年代的にCBとかZ系辺りを持っているのかな〜?と思い、「CBとかZ系ですか?」と聞くと”もう少し古い、ホンダの250ccのレーサーを当時三十年位前に職場から要らないからってことで譲ってもらってそれ以来置きっぱなしなんだけど、さすがに今となっては部品が無いんだよねぇ”と一言・・・。その後に”そう言えば修正するのにマグ溶接出来る人って居ないかな?もうボロボロなんでね。”と・・・。「エッ?マグホイールでも履いてるんですか?」との問いに、”ホイルは昔の細いスポークタイプであれも綺麗にしなきゃな〜”と言う事は一体どこにマグを使っているのですか?もしかしたらこの人本当に凄い人なのか?毎回、人に車運転させてるし・・・。そう言えば、おじさんTなのにホンダのバイクなんですね!と言うと "だってTはバイク作ってないでしょw" とつっ込まれ、動揺のあまり、意味不明な事を言ってしまいました。。。
                  ちなみに就職の一発目はホンダでその後にTに移ったらしく、自分は本田宗一郎さんを尊敬しているのでもしかしたらと思い、色々と当時の話を聞いてみたかったのですが、「○○さん時間ありませんよ」と言われ "また寄りますので頑張ってください" と言い残し帰って行かれました。
                  "もしかしたら本当にあのおやじさんって凄い人なのかも・・" と思い最近少しビビッておりますので、とりあえず次ぎ来た時にコッソリと付き添いの方にどんな人なのか聞いてみて、本当に凄い人だったら・・ゴマ擂りまくりですねwww
                            ☆★下記ランキングに参戦しています♪★☆             
                              にほんブログ村 バイクブログへ & 

                              ポチッとワンクリックよろしくです☆

                  【2007.04.01 Sunday 15:25】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 1〜10章 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  まさにガンプラ状態・・・。
                  0
                    最近のスーパースポーツはカウル形状がボテっとしていた一昔前のモノと違い、全体的にエッジが効いており、この'05 GSX-R1000などは色合い的にもアッパーカウルやサイドカウルの形状的にもガンダムにこんな感じのキャラ居なかったっけ?と思えてしまうほどエッジの効いたデザインをしていますw なのでオーナーにガンダムに登場するキャラっぽく塗装しようよ!と言うと ”絶対にありえない!” と拒否られてしまいましたww


                    それにしても部品点数が多いですね。ここに写っていないフェンダーやダクト類もまだ数点残っているのでガレージ内の置き場所に本当に手を焼いています。


                    その置き場所の無い最大の原因は、自分の6Rの部品が大きなスペースを取ってしまっているからなのですが、やはり計画性を持たずに思い付きでバラすとロクな事がないですね・・・w
                    ちなみに画像に写っているゴールドのスプロケットは半年ほど前に注文を出したアファームの特注62丁ですが、やっと現地から発送してくれたらしくついに入荷しました♪ オーリンズのリアサスもオーバーホールから戻ってきましたし着々とお遊びマシンが完成に近づいています!

                              ☆★下記ランキングに参戦しています!★☆             
                                にほんブログ村 バイクブログへ & 
                                どちらも応援クリックよろしくです!
                    【2007.02.17 Saturday 00:30】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 1〜10章 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    こんなところにトラップが・・・。(-∧-;)
                    0

                      今回、GSX-R1000の塗装依頼を受け、現在、ガレージ内が混んでいるため先週末に外装のみをガレージに持って来てもらい、早速塗料などの準備に入ったのですが、まずは下地作りから始めようとカウルのデカール類を剥がし水研ぎして、”次はタンクの剥離でもするか。”と変な体勢でタンクを持ち上げたところなんと燃料満載・・・。(;・∀・)ヘッ? 近頃のSSは軽量に作られているから、さぞかしタンクなども軽量なのだろうと油断して変な体勢で力を入れたので腰に変な力が掛かり、タンクを移動した後に”腰痛ぇ〜”と背伸びをしたその瞬間「ピキッ!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!」っと腰をやってしまいました・・・。。・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )シュギョウガタリン!!
                      それにしても不意打ちを喰らうとは・・・。悔しいので 仕方無いので燃料を軽トラに移し変えて、ムダにハイオク満タンにしてやりましたw [油]-(゚Д゚ υ)オイチイノイタダキ!!


                                ☆★下記ランキングに参戦しています!★☆             
                                  にほんブログ村 バイクブログへ & 
                                  どちらも応援クリックよろしくです!
                      【2007.01.29 Monday 11:10】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 1〜10章 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      CALENDAR
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>
                      NEW ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      ANALYZE
                      SBR ガンコートサービス
                      NOSガス再補充について
                      お問合せはこちら
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      SEARCH
                      PAGETOP