SECRET BASE by Team bayside BOMBER'S

カスタムバイクの製作日記&作業記録
Team bayside BOMBERSの活動日記
GSX-R無事車検クリアー♪
0


    先日はGSX-R1000の車検を取りに行き、懸念されていたリアタイヤの磨耗具合も含め無事にパスしてきました。が、ギリギリでした。。。
    当初、タイヤはもう1セット用意しておいたのですが、自分もオーナーも車検時の事など一切考えずにホイルの塗装後に元のタイヤを履かせてしまい、車検前夜になって ”このサイドだけズル剥けセンターギリギリタイヤで車検は通るのか?”という問題に直面し、車検時のタイヤの許容範囲が曖昧でいざとなったらこのタイヤは既に廃タイヤで新しいタイヤが用意されているので、それなら 彫刻刀で溝を彫って誤魔化すか? などいろいろ悩んだ末、モノは試しにと前例を作るために検査ラインに持って行った結果、「ギリギリだね。。。」とのことでどうにか車検をパス出来ました。
    本来ならタイヤを組み替えてから車検に行ければ良かったのですが、当日は唯一ホイルを傷付けずに組み替えてくれるタイヤメーカーが休みだったので、オーナーに納車する前に傷を付けるワケにもいかず交換作業が出来ませんでした。
    でもお陰で今回は良い経験になったので、次回からは車検時のタイヤに対する有効な判断が出来そうです☆
    そして次回、間に合えば完成形の画像をご紹介致したいと思います。
               ☆★下記Blogランクに参戦しています♪★☆             
                にほんブログ村 バイクブログへ & 
                ポチッとワンクリックよろしくです☆
              
    【2007.08.08 Wednesday 19:23】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 21〜30章 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    GSX-R1000ヤバイです!
    0
      現在製作中のGSX-R1000が今週末の納車に向け仮組み段階から本組み段階へと作業が突入しました♪
      今回、外装面は自分が担当し、ブレーキ周りや車体周りの金属加工関係はオーナーの知り合いの四輪ショップさんが担当していたのですが、そちらの作業でカラー製作をしてもらっていた部分も完了したので全体的に本組みして、明後日の車検所得を目指します☆


      そして純正よりも大径のウェブローターを組む為にフロントフォークのケース側とキャリパーとの間に5mmのカラーを挟むのですが、今回、製作したカラーは他車種のモノを薄く削り直してもらったもので、いざ取り付けの際にこのカラーの元々のボルト径が10mmだった為、即席でGSX-Rのノックピン径に合わせ14mmへ拡大して使用してしまいました。。。 ゜。(の_,の;;)。゜


      なので取り付け後にキャリパーの芯が出ているのかが不安でしたが、ボルト径とキャリパーのボルト穴のクリアランスがキッチリと出ていたので大丈夫と判断し、そのまま自称サーキットへ走行テストに行きました。
      まずはオーナーから純正でもブレーキはヤバイ位に効くので注意してとの助言を頂き、初めてGSX-R1000に乗ると言う事もありパッドの当り付けの慣らしと人間のマシンとブレーキに対する慣らしを兼ね通常走行で一通り走り、パッドの当りを確認して良さそうだったので(通常は数百kmの走行が必要ですが。。。)いざ負荷を掛ける為に加速!!当然ですが、気持ち良いほどメチャクチャ速いですw 1速、2速はすぐにフロントの加重が抜けて気を抜くとひっくり返りそうですが、フロントが軽く浮いた状態で加速してもコントローラブルに安定した状態で走る事に感動♪ テストするからには最大付近の負荷を掛ける為、そのまま4速まで加速し煮00km+@付近からタイヤの限界を超えない程度にフルブレーキ!効く効くとは話に聞いていましたが、加速タイムに負けない位、静止までのタイムが予想以上に短い。似00km以上からのフルブレーキにも関わらず原付で60kmからフルブレーキで止まる位の感覚で状況把握が出来ます。σ( ̄^` ̄;) コレホシイカモ・・・
      ただ、今回この車両に乗って初めて体験したことですが、通常、フルブレーキを掛けてもハンドルを掴んでニーグリップをしているので体が減速Gで前に持っていかれる事は無いのですが、今回のブレーキの際に上半身は腕で踏ん張り問題なかったのに下半身(腰)がタンク側に勢い良くズレ、男の男を思いっきりグキッ!と・・・。危うく痛みでブレーキをロックさせるとこでした。。。イタイカラ・・Σ(T□T)ヤッパイラン・・・
      それにしても最近のスーパースポーツは車体が軽量に出来ているのでこんなにも加速とブレーキの性能が上がっている事に驚きました。
      これからSS勢と一緒に走る時は、車間距離を多めに取っておかないと不意な急ブレーキの際にこちらの減速が追いつかず確実にカマを掘ると思うので以後気を付けようと思いますw というか、そんな心配をする以前にこのコーナリングマシン達に付いて行ける腕が自分にはありませんでした・・・。 コレガゲンジツ...ρ(--、)シクシク
      ※今回の走行は公道外の私有地ならぬ他有地ですw アラマ(- -*)(_ _*)スマヌ!!
                 ☆★下記Blogランクに参戦しています♪★☆             
                  にほんブログ村 バイクブログへ & 
                  ポチッとワンクリックよろしくです☆
                
      【2007.08.06 Monday 05:45】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 21〜30章 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      気合いの仕上げ:磨きの基本編
      0
        最近、塗装後の仕上げ方法について色々と試し、何か斬新な新しい技法は無いものかと模索中ですが、前回の試行錯誤でたどり着いた仕上げ方は時間と労力が半端ではなく最近少し妥協したくなってきました・・・。
        でもこの最後の最後で妥協してしまうと今までの苦労が全て無意味になってしまうので、せめて現状の全9工程を5〜6工程に省略する方法を検討中ですが、そもそも磨き作業で実際に何処まで変わるのか、また塗装にチャレンジして艶が出ずに困ってしまった際の基本的な艶を取り戻す為の磨き工程を簡単にご紹介致します。


        今回はこちらのカウルを題材にご紹介しますが、夏場の暑い時に缶スプレーなどで塗装すると、こんな感じのボサボサな塗装肌になりがちですが、ガン吹きなどでもエア圧やネタの調整ミスなどでも生じやすい肌です。
        そして普段、自分が仕上げクリアーを吹くときは、塗装の段階で艶を最大限に出るよう塗装するのですが、最終クリアーで艶が有っても無くても最後の磨き作業は行います。なので最終クリアーで艶引けしてしまっても問題は少ないのですが、磨きの際のペーパー研磨が艶を出した方が楽なのと、己の腕試し的な意味で艶を求めてますw 
        ※あくまで個人的な意見ですw 分子?原子?レベルの話では融合率?の問題などもあり話は違うらしいですよ。。。

        そして、話を戻しこのボサボサになって写り込む蛍光灯が滲んでしまっている塗膜を耐水ペーパーを使って磨きあげるのですが、ガン吹きであれば塗膜が厚いので#1000や#1500付近の耐水ペーパーから削り始めても良いのですが、缶スプレーの場合は塗膜が薄いので安全策を取って慣れるまでは#2000の耐水ペーパーで下地を出さないよう慎重に作業を進めます。
        ※カウルの先端や端っこ、また角張ってエッジの効いている部分は塗膜の削れが速いので、一瞬で地が出やすく、荒いペーパーの時ほど注意が必要です。


        そしてこちらが、#1500のペーパーで削り始め、その後#2000→#6000の耐水ペーパーで研磨して肌を調整した状態ですが、耐水ペーパーで研磨を始めると#2000付近のペーパーまでは塗装面が白くなって艶無しの状態となりますが、#6000付近の耐水ペーパーで#2000の時に付いたペーパーの研磨目を消すと画像のように研磨している状態であってもある程度の艶が戻ってきます。
        この研磨時の目安は荒い番手のペーパー目(傷)を次の大きな番手のペーパーで目消しをしていくことです。
        そしてボサボサな肌を鏡面に近い状態に持っていったら次はコンパウンドで磨き込みをします。

        ※#6000などの耐水ペーパーが無くても問題はありません、ただ単に作業効率を上げる為に一度#6000クラスのペーパーを使うだけですので#2000の後に細目のコンパウンドで入念に研磨すればOKです。(細目のコンパウンドは通常約#4000〜#6000クラスの研磨力がありますので。)


        そしてコンパウンドにも豊富な種類と用途がありますが、個人的に少量を使用するのであれば、カー用品店やホームセンターなどで購入できるボディー専用の液体コンパウンドの細目を綺麗な柔らかいウエス(布)に少量つけてゴシゴシと耐水ペーパーの目が消えるまで磨き込み、その後に極細目のコンパウンドを使用して細目コンパウンドの磨き傷が無くなるまで磨きを入れます。
        磨き方にも色々ありますが、縦や横方向での一定方向に磨くと磨き傷が残りやすく消え難いので、通常の面積の大きな部分などは、円を描くようにして磨くと目が消えやすいです。また細目や極細目以外のコンパウンドに中目や粗目なども存在しますが、扱い次第では塗膜をダメにしてしまったり地を出してしまうなどリスクが大きくなりますので、始めは細目から慣れた方が無難だと思います。

        以上の工程を行うと画像のように潤いのある艶を取り戻すことが出来ますので、塗装時に無理に艶を出そうと厚塗りして垂らしたり、艶が無いから失敗などと考える必要性も無いと思います。
        ちなみに画像の状態は細目のコンパウンドでの磨き作業が終わった段階で、仕上げのコンパウンドはまだ行っていません。この時はスタンドの仕事が終わってそのままスタンドで作業をしていたのですが、あっという間に朝になってしまい、本業の仕事の時間になってしまったので仕上げに至るまでの時間が有りませんでした・・・。


        なので本来ならある程度の手順を踏まえれば本仕上げを行った際にこのレベルまでの艶ならすぐに出すことが可能です♪


        でもこの量を同時進行で作業すると夜の12:00に作業を開始しても7時間では作業時間が全く足りませんでした・・・と言うより、寝不足で途中からボケーっとしながらただ闇雲に作業していたので車体に組み付け後にもう一度全体をやり直しです。。。が、妥協すればこれしき2時間ですwww シッカリヤレッ!!ヘ(#゚Д゚)┌θ)Д`)ノ ヘイッ!!
        そ・し・て、磨きの基本編とか言ってしまいましたが、古い塗膜や汚れてしまった時の応用編は未定です♪ ウルァッ(((((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・ユルチテ!グハッ!!!
                   ☆★下記Blogランクに参戦しています♪★☆             
                    にほんブログ村 バイクブログへ & 
                    ポチッとワンクリックよろしくです☆
                  
        【2007.08.04 Saturday 01:44】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 21〜30章 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        磨き作業は気合いで!
        0

          GSX-R1000の仕上げ作業に先週末から入ったのですが、今回は普段の仕上げ方と違う方法で仕上げ作業をし、より良い状態での納車を目指しているのですが、濃色と違い薄色仕上げの磨き作業はこだわり過ぎるといつまで経っても納得の行く艶が出ず、先日はタンク一つに丸一日費やしてしまいました。m(×_×;)m
          それでも試行錯誤した甲斐があり、普段以上にキャンディーコートらしい奥行きのある透き通った透明感と潤い感を出す技法を見付けられたので、今後の磨き作業の基本として取り入れたいと思います♪


          そしてこちらが今までの磨き作業の際に、自分の中で合格としていた艶ですが、今回の作業では今まで以上の艶を求める事が出来ました。
          あとはオーナーサイドで外注に出しているブレーキ周りの部品が戻り次第組み付けし、その後車検を所得すれば今回の'05 GSX-R1000は終了です☆
                     ☆★下記Blogランクに参戦しています♪★☆             
                      にほんブログ村 バイクブログへ & 
                      ポチッとワンクリックよろしくです☆
                    
          【2007.07.30 Monday 01:56】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 21〜30章 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          もう自家塗装なんて言わせない・・・夏。
          0

            と、いうことで今回のGSXではこんなん入れてみましたwww
            前回の撮影会でまさかの自家塗装発言・・・。不眠不休と結構な赤で作業してあげたのに・・・。と雑誌を見た瞬間、何も言えなくて・・・春。の悲しい思い出。つωT`)
            なので今回は、もう自家塗装なんて言わせない・・・夏。をテーマにしてみましたw というのは冗談です、あのフォルツァは梅雨が明け次第、キャブやらブレーキやらサスやらの作業が残っており、まだまだ発展途上なので良いのですが、前回の撮影会の際にみんなペイントしたショップなりアーティストのネームタグが入っていたので、つい負けちゃいられん!っと単純に真似てみましたw
            そしてこのJDWはJapan Dream Worksの略で、自分が板金屋時代に片手間でエンジンのO/hなどをしていた頃に、雑誌に広告を載せる際に使っていた屋号?みたいなもので、当時は給料が少な過ぎてやりたいことが全く出来なかったことから(今もですがw)、日々妄想の世界でアレが買えたらなぁ。。とかコレが買えればなぁ。。。などと雑誌を見ては頭の中でフルチューンの夢のマシンを作っていましたw そこで出たのが「夢」というフレーズだったのですが、夢と聞いて自分が思い出すモノは、ブルーハーツの「夢」と本田宗一郎さんの残した「夢」という言葉で、どちらも尊敬している存在だったので、なら自分も♪と単純に考えた結果、 ”夢の作品=Dream Works”だったのですが、DREAM WORKSってアメリカで有名なのがあったなぁ、と思いJAPANを先頭に付けJAPAN DREAM WORKSとなりました。。。
            そして今でもこのJDWはいつかその内きっと多分・・・と希望は年々薄くなっていきますがw、己の作業に対する志として使っており、このHP用のメールアドレス(jdw@secretbase.in)など公の場に出す時などは、ほとんどこの文字絡みが多いです。
            ちなみにそんなJDWですが、現状の作業を踏まえ考えた上で、近日中に復活しますw まぁ復活してもこれと言って何にも変わりは無いのですが、このタグを何となくではなく、本物にする為ですwww あとは今後の活動の為に。(。-∀-) ニヒ♪
                       ☆★下記Blogランクに参戦しています♪★☆             
                        にほんブログ村 バイクブログへ & 
                        ポチッとワンクリックよろしくです☆
                      
            【2007.07.28 Saturday 03:24】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 21〜30章 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            PC復活しましたぁ!!(;・∀・)ハッ?
            0
              無謀にも浅知恵だけで手を出してしまったPCも元々付いていた部品を元通りに組み付けてどうにか復活しました・・・。
              やはり餅は餅屋という事で、これからは無謀な冒険を控えたいと思います。
              そして、例のGSXのロゴステッカーがUSから届きました♪ 2週間以上前に発送したと言っていたハズが、消印をみると到着の一週間前w まぁかなりお世話になっているので文句もありませんが、かなり心配させられました・・・。そんな作品がこちら↓

              画像の上側が以前の製作分で下側が今回の制作分ですが、今回、サイズと色と効果をそれぞれ少しだけ変更したのですが、GSXのブルーを車体色に合わせて薄いブルーにしてください。と車体の画像をメールで送ったのですが、車体色がキャンディーなのでどの部分で色を合わせれば良いのか悩んだそうで、よくよく考えてみると、自分の使っているパソコンのモニターとデザイナーさんの使っているモニターでは色合いや明るさなどの環境が一緒では無いので、ここの色を基準にしてくださいと伝えてもナゼか微妙に濃かったり薄かったりで、プラスして自分が微妙な違いを相手に伝えるだけの英語力が無いので一番苦労しました。というか、ご迷惑をかけました・・・w
              そしてSECRET BASEのロゴも以前のモノよりもメタル感を強調してもらったのですが、やはりウマイ言い回しが出来ず、コチラの微妙なニュアンスを感じ取ってくれなかったので、3回目のダメだしの際に ”ターミネーターのロゴのような感じの質感にしてください”と伝えたところ一発で理解してもらえました♪ Σ(゚Д゚ υ) アリャ
              そして、やはりシュワちゃんは偉大だなぁとも思いましたw ヾ(・∀・;)オイオイ
              とりあえず、あとはこのステッカーを貼ってクリアーで全体的に仕上げればGSX-Rは完成となるので、あとはフロントのブレーキ周りと車検だけです!!そこだけですよ!!
              っと言う事で頼みまっせオーナー!!www ←またまたプレッシャーw (・∀・)つ
                         ☆★下記Blogランクに参戦しています♪★☆             
                          にほんブログ村 バイクブログへ & 
                          ポチッとワンクリックよろしくです☆
                        
              【2007.07.14 Saturday 21:52】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 21〜30章 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              梅雨は何処へ行った?
              0
                なんだか今年の梅雨は梅雨入りした次の日に中休みと、自分の行く末である”開店即廃業!”並みの早さで梅雨の中休みに入ってくれて随分と助かってます☆

                そして画像のGSX-Rもほぼ作業が終了し、例のステッカーの到着待ちの状態で作業が一時中断してしまっているので、天気の良い日が続いている今のうちにガレージ内を整理して、二年振りとなる愛機R32スカイラインの製作に取り掛かろうとスペースを広げているのですが、全然ガレージが綺麗になりません・・・。(TдT)ヽ(-_-)
                去年のコマジェ製作期同様、今年もこのスカイラインの製作期間は他の作業を保留させてもらっているので、ここで時間をロスしたくなかったのですが、片付けるために雑誌を手にしては読み始め、片付けるためにパーツを手にしてはあれやこれやと考え始めで、逆に散らかしているような気が・・・。ヘ( ̄ω ̄|||)ヘ ダメダコリャ。。。
                とりあえず片付けは中止して天気も良いので久々にボケーっとしてますw


                そして夏用にDickiesの半袖ツナギをペアでGETしたので、背中に何かロゴを入れようかとデザインをしていたら、いつの間にかプレートデザインになっていました・・・が、こんなデザインはアイロンプリントでは段差が出来て見栄えが悪いので却下w
                ちなみに彼女用のデザインを考えていたのでハートを意識しましたが、自分が着ていたらまず犯罪ですねw それにしてもDickiesの半袖ツナギは当初、ペイントでロゴを入れようと思っていたのですが、余りにも生地が薄すぎて断念。でもよくよく考えるとアイロンプリントでも微妙っぽいです。(◎ヘ◎;)?
                ※Max Runne's=× Max Runner's=○ですw 
                           ☆★下記Blogランクに参戦しています♪★☆             
                            にほんブログ村 バイクブログへ & 
                            ポチッとワンクリックよろしくです☆
                          
                【2007.06.18 Monday 10:25】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 21〜30章 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                USからステッカー到着♪
                0
                  今回のGSX-R1000の製作においてというか、今までの人生で初めて国外とのやり取りをしてデザインし、製作してきたRロゴステッカーですが、予定外だった長い船旅を終え、先日やっと試作品が手元に届きましたので見てやってください♪(。-∀-) ニヒ♪


                  こちらが今回デザインしたものですが、デザイン的にハズしてはいないですよね??
                  とりあえず先方のデザイナーの方に今回の制作に対するコンセプトと弱小なりに活動していると自己紹介をしたところ、こんなんでどうだ?と初めにドルデザインが提案されました。ι(◎д◎υ)ノ コレイイッス!
                  多分、デザイナーさんの発送的には ”なら頑張って金稼げ!” ってことなんでしょうかねw でもデザイン的には最高に気に入ったので、あとはそのデザインをベースに色や配置をこちらで指定して、GSX-R1000のメーカーであるSUZUKIとこのブログSECRET BASEのイニシャル "S" を"$"と掛け合わせてデザインしました。
                  そして後はコレを貼り付けてクリアーを吹けば完成!と貼り付け作業に入ると・・・


                  えぇ〜!サ、サイズでかっ!? ってナゼでしょうか?画像に写っているメタリックロゴがデザイン合わせの為にこちらで製作したステッカーなのですが、本来こちらが希望するサイズより送られてきたロゴは明らかにサイズがデカイです。(;・∀・)ハレッ?
                  そこでこちらの指定したサイズなのかを問い合わせると試作だから少し大きく製作したとの返答にお国柄なのか?と意味不明になりながらも再度、コチラの指定サイズで製作してくれるようオーダーをかけ、もう時間が無いので今回こそはエアメールで発送して欲しいと念を入れ、どうせやり直すなら。と色合いの変更とデザインの気持ち変更もお願いして、試作と言えどもコストが掛るので、今回で本決めする予定だからサイズも指定値でやって欲しいと付け加えておきました。 (>人<;)
                  次こそはバッチリ決まってくれないと今月納車が危ぶまれるので少しピンチですが、ここで妥協したくないのでツライとこですね。|ヽ(-_-; )ウーン。。。

                  PS,オーナーへ
                  このロゴステッカーのコストは個人的な興味本意でしてることだから気にしないでね!ちょっと遅れたけど誕生日プレゼントってことで!( ゚∀゚)ノ нαρчβiγτhдαё
                  我等貧乏戦隊♪まずは楽しく走る為に車検代をなんとか捻出しよう!(。ゝ∀・) ってことでお金=$デザイン♪ ←こんなんが今回のコンセプトだったりしてwww
                             ☆★下記Blogランクに参戦しています♪★☆             
                              にほんブログ村 バイクブログへ & 
                              ポチッとワンクリックよろしくです☆
                            
                  【2007.06.16 Saturday 03:05】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 21〜30章 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  GSX-R1000最終チェック☆
                  0
                    GSX-R1000の作業ですが、前回、ラインにペイントしたピンクの色合いが他の部分とマッチしているかチェックするため、先日、マスキングを全てはがし、主要な部分のカウルだけを仮組みしてみました。

                    どうでしょうか? 自分的にはまとまっていると思うのですが・・・。
                    そして、当初はラインの色を無難に黄色にしようかとも考えたのですが、今回のカラーリングはある部分に使われている色合いで統一したかったので、ピンクを選んだのですが、その”ある部分”とはどの部分だか解っていただけましたでしょうか?
                    と言ったところで、この車両は殆どがブラックアウトされているので他の色のある部分というとマフラーしか無いのですがw、今回は当初の純正風ペイントから予定を変更した際に悩みながら考えた結果、統一感を持たせようと唯一、色の入っているマフラーの色彩でデザインを考えました。
                    なので、本来ならホイルも純正のブラックのままで良かったのですが、この辺はただ単に純正のペイントが安っぽくて気に入らなかったことと、単純な勢いだけでペイントしました♪
                    ただ、黒、青、ピンクの3色ってのもつまらないので、フレアーのピンク(正確にはマゼンダですが・・)はキャンディーで、ライン部分はソリッド。ブラックもアンダーはあえてソリッドにして、上側のブラックは少し贅沢にブラックスパークパール仕様☆ そして、その内側のサイドカウルにモノグラムデザインを取り入れて、どさくさ紛れの偽カーボンフェンダーwと、少しのコダワリと手間ひまをかけてやってみましたが、作業自体も残すはメーカーロゴなどの貼り付けと仕上げのクリアー塗装のみ♪ 
                    あとは、例のオリジナルロゴステッカーが早く届かないかと毎日が待ち遠しいです。

                    これといった意味も無くオーナーへのサービスショット♪ 7月7日のツーリングまでに車検取る気になったかな?w 人の車検をどうのこうの言う前に、マシンの無い自分の事を心配しろって感じっすかね・・・?まさに辛いとこですwww .....(;_ _)/|

                               ☆★下記Blogランクに参戦しています♪★☆             
                                にほんブログ村 バイクブログへ & 
                                自分のランク順位はコチラから☆
                              ※上記アイコンをクリックするとランクポイントがUPします♪

                    【2007.06.08 Friday 03:25】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 21〜30章 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                    機械の身体は何処に行けば・・・
                    0
                      ここ最近、以前に比べて格段に徹夜をする時間が長くなり、最近ではガレージで黙々と作業をして朝日を浴びながら帰宅し、家でブログの記事などを書きながら少し仮眠を取ってまた一日の始まりと、そろそろ機械の身体を手に入れるべく999に乗ってそのまま自分だけあの世に行きそうな勢いですw (n‘Д‘)η゚・*:.。. <三途>.。.:*
                      そんなこんなで、先日も朝方まで作業をして、GSX-Rの色入れが全て終了しました☆ 縁取りのピンクはこんな感じのピンクですが、果たしてブルーの外装にピンクのラインという色合いは一体どうなのか?と思われた方、多分、バランス的に失敗してないハズなのでお楽しみにw
                      あとはクリアーを重ねてラインの段差取りをして組み上げれば完成です。
                      例のステッカーも試作が出来上がり、「先日発送した」とメールが来ていたのですが、物がステッカーなのでエアメールで送ってください。と言ったにも関わらず、なぜか船便で送りましたとの返事が・・・。と言う事でまだステッカーは海の上にあるので、もう少し到着までに時間が掛かりそうです。。。
                      それにしても先日は、防毒マスクを水に落としてしまい、仕方なしにマスクをせずに塗装したら、案の定、喉がやられてしまい、本日ダウンです・・・。
                      そして明日は、スタンドの所長連中との麻雀大会があるのですが(毎回、自分だけバイトで後はみんな所長wという状況)、防毒マスクと新しいツナギが欲しいので仕事中の積年の恨みを晴らしがてら、おこずかいをせしめてきます♪
                      ロン!!(-o- )ノ 囿囿囿囿圄圄圉圉圉圀圀圀囮パタリ  囮 ポイ!!( ̄  ̄!)バップデス
                                ☆★下記ランキングに参戦しています♪★☆             
                                  にほんブログ村 バイクブログへ & 

                                  ポチッとワンクリックよろしくです☆

                      【2007.06.04 Monday 11:42】 author : akane380 | 05'GSX-R1000 21〜30章 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                      CALENDAR
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>
                      NEW ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      ANALYZE
                      SBR ガンコートサービス
                      NOSガス再補充について
                      お問合せはこちら
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      SEARCH
                      PAGETOP