SECRET BASE by Team bayside BOMBER'S

カスタムバイクの製作日記&作業記録
Team bayside BOMBERSの活動日記
さすがレクサスのオプションカラー☆
0
    先週末の3連休は土曜の昼間に少し良い事があったと思ったら、知り合いの事故にノリックの事故と浮き沈みの激しい休日となり、どちらかと言うと少し浮かれて一息着いていたらそこに撃沈2連発を喰らったような悲惨な週末でした。。。
    が、日はまた昇りアホは作業を繰り返す ”ギョクサイセリ!”ということでまだまだ自分の戦いは続き、今回は車製作で溜めてしまった作業を少しでも進める為に作業したインナーペイントのご紹介です。


    こちらが以前にお伝えしたレクサスやソアラなどの高級部門のオプションとして用意されているコスモシルバー [1F1]でペイントしたDio-ZXのインナーペイントです。
    まずは問屋の社長さんから指摘され恐れていたムラの問題ですが、今回はムラに臆することなく普段通りに下地をブラックベースとし、その上にコスモシルバーを薄く吹き重ねて最後にクリアーを3コートで仕上げてみたところ、メーカーや問屋さんに言われたほどムラが気になることも無く、見た感じではパネル間でもムラの出ている箇所は見当たりませんでした♪
    ただ、メーカーの製造ラインで超薄膜メタルベースを一定条件で重ねる複層構造と自分がガレージで鼻歌歌いながら塗装するのでは設備も条件も明らかに違うので、本物のコスモシルバーの色では無いと思いますw
    ただし明らかに今まで塗装したどのシルバーよりも質感が良く、発色もいいのでこれはこれでOKなのですが、やはり実際にメーカーが塗装したレクサスを見た事がないので色合いや発色が合っているのかが分からないのが痛いですねwww
    しかも今回、発色を良いものにするため塗料にドイツ製のモノを用意したのですが、非常にバカ高かったです。。。でも高級塗料は作業性が良かったです☆


    そしてそんな高級塗料を使ったコスモシルバーですが、問屋さんに調べてもらっただけの事はあったようで、コスモシルバーの特徴である多方面からの光が当たった際のメタル感は予想以上に出せたのではないかと思います。※画像参照
    ちなみにコレで面積の大きいモノを塗ってくれ!と言われたら即刻断りますw 多分、今回の対象がスクーターのインナーではなく、車のボンネットなどの大きいモノだったら高確率で失敗してましたねwww 塗料が高いとプレッシャーも大きいので・・・w
    とりあえずは今後の為の良い参考となりましたので、また機会があればちょこちょこと使いたい感じの上品なシルバーでしたが、やはりメタル感を出すならこれでしょ?といえるDioと対照的なインナーペイントがコチラ↓


    MF08 フォルツァのインナーカウルですが、オーナーの希望は ”ギラギラで!”とのことでシルバーフレーク仕様の通称「夜は綺麗で仕様」w
    このペイントの売りは、さり気ない中にもさり気なさが微塵も感じられないフレークびっしりがポイントで、昼間はひたすらギラギラですが、夜は街灯や車のライトなどの照明でパッと見のガンメタからギラギラなシルバーへと変身します☆ 
    ですが、オーナーさんは「ここまでの仕様とは思わなかった・・・。」と少し驚いていましたが、ギラギラ仕様と言われたのでつい ”お前のギラギラはこの程度かっ!?”と熱血されないよう気合いでフレークを増量してしまいました・・・w
    そして今回面白かったのが、Dioのコスモシルバーを少〜しずつ、少〜しずつムラにならぬよう我慢しながら塗り重ね、一方でフォルツァのフレークペイントをこれでもかー!と言わんばかりに気分良く全開で吹きつけ♪ なので殆どDioでストレスを溜めて、そのストレスをフォルツァで発散♪ だからフォルツァが異常にギラギラになった・・・ ※フィクションです!w
    とりあえず、上の両者は磨きがまだ終わっていないので磨き作業をして完成となり、次のインナーペイントは新旧マジェスティー250の2台でホワイト系インナーペイントが入ってくるのでそちらも他の様子を見ながら作業をクリアーしていこうと思います♪

               ☆★下記Blogランクに参戦しています♪★☆             
                にほんブログ村 バイクブログへ & 
                ポチッとワンクリックよろしくです☆
              
    【2007.10.10 Wednesday 02:46】 author : akane380 | PAINT BATTLE!! | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
    時代は変わりましたねぇ・・・
    0
      最近、口癖で「昔は○×△だった。とか、昔は○○□だった・・・」などと”昔”と言うフレーズを必要以上に口にするようになってしまいましたが、自分も三十路手前にして早くもオッサンに一歩近づいたと言うことでしょうか・・・w


      そして、こちらオールペンとエンジン修理で入ってきたDio-ZXに付いていた最近流行のユーロチャンバーですが、今ではこんな凝った形をしていても二万円以下で買えるらしいです! 
      確か13年程前に仲間が原付の免許を取って3YKのJOG-Zを走り屋仕様にしていた時に、当時は珍しかったサイレンサーが左側に回り込んでいるユーロタイプのBURIAL製チャンバーを結構な値段で買って喜んでいたのを思い出しました。
      そう言えば、当時流行っていたリブラプロやチャウチャウとかってまだ在るんですかね?パワーパイプにBRDショートサイレンサーとか凄く懐かしいですね♪ 確か自分のNSR50にパワーパイプを組んで直キャブ仕様にしたら低速スッカスカで、仕方なくヘッドをバラして鏡の上に耐水ペーパーを引いて自作ヘッド面研したり、NS-1とNS50FとMBX50のエンジンからミッションをバラして一車種ずつノートにデータを残し、それを見比べながらNSR50のミッションにミックスして組み込んで自作クロスを作ってみたりと買うお金が無かったので全て自作して貧乏丸出しでしたね。。。
      ちなみにNS系のミッションはギア比が全車少しずつ違うので色々な組み合わせで組み替えると非常に面白い仕様のエンジンが出来ます♪
      一度全てを加速重視にしたらNSR50で3速でもホイルスピンをするマシンが出来ましたw でも最高速は60km/h付近で、まだ京葉スピードが旧コースだった時に1コーナーの進入時点でエンジンが吹け切っており、仲間のドノーマルDioにまでチギられ全く使い物になりませんでしたwww
      でも友人のNS-1はNSR80のエンジンにメガトン100と言うボアアップキットを組んで、その他もカリカリにイジッた状態でMAX165km/h出て驚かされました。当時、幕張のゼロヨン会場に行く時など自分等の単車部隊に混じってそのNS-1も当たり前のように湾岸線を爆走して付いて来てましたw
      そして本人いわく”所詮50ccベースだから150km/h以上で走ると生きた心地がしない”とのことでしたw その後の話では、エンジンが焼き付いたのでRS125のエンジンをスワップして制御不能に陥り事故ったとのことです・・・www
      それにしてもこのZXは、南○部品でボアアップKitとビックキャブを購入し駆動系もイジッてもらったらしいのですが、その後、10kmほど慣らし運転をしていたら、エンジンは吹けるのに前に進まなくなくなってきたらしく、現場まで軽トラで引き上げに行ったのですが、今回はどうもクラッチが繋がっていないようで、単なるクラッチのヘタリか組間違いだと思うので作業自体は大した事も無さそうです♪

                ☆★下記ランキングに参戦しています!★☆             
                  にほんブログ村 バイクブログへ & 
                  どちらも応援クリックよろしくです!
      【2007.01.26 Friday 10:32】 author : akane380 | PAINT BATTLE!! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      フォルツァも全開で製作中!
      0
        今回、自分にとって初めてのビックスクーター製作となるフォルツァ製作ですが、ビックスクーターと言われるだけの事はあって、とにかく部品点数が多いわ、一つ一つの部品がデカイわ外装を全バラにするのに苦労するわで作業量がハンパではありません・・・。
        しかも今回はオーナーの希望でインナーカウル類はツルっと鏡面仕上げが理想らしく、目の前にはこの時期地獄な水研ぎ研磨の試練が待っています。


        そして、この車両はいくつかのカウル類が破損しているため破損箇所のみ新品部品を使用するので、板金箇所が少ないのですが、無駄にお金を使っても仕方ないのである程度の傷や割れ、欠けなどはこちらで板金して再使用していきます。
        そして今回唯一の補修必要箇所が画像の傷周りとなるのですが、このレベルの傷であれば半日ほどで修正が出来ますので、今回の板金は楽で良かったです♪


        割れや欠けた部分はプラスチックの補修材を使用して接合し、その後、パテで均してサフェーサーで仕上げれば完成です!この辺の作業方法などは別の場所にまとめて紹介する予定です。

        そう言えば、以前にマシン関係の仕事や活動をしている仲間内で集まる機会があったので、いろいろと情報交換やら近況報告程度にダベっていたのですが、その時にカートでサーキットを走っている友人から”雑誌でプラスチックにFRPで補修みたいな記事が書いてあったけどアレってダメって言ってなかったっけ?”と聞かれました。
        車のバンパーやバイクのカウル類(自動車用プラスチック素材)などは主にPPやABS樹脂など細かく他にもありますが、それらの素材で形成されています。
        自分もたまに雑誌などで改造や補修の作業工程を紹介しているページを見ていて、やっちゃったね!的な記事を目にすることがありますが、基本的にPPやABS樹脂に板金パテやFRPはそのままでは無理だと思います。
        まぁ付くか付かないかで言えば、確実に付きますが、ただ長い目で見れば耐久性は無いに等しいハズです。FRPや板金パテは完全硬化すると吸着面に柔軟性が無いので、対象物が歪んだり伸び縮みしたりするとその形に変化が出来ないことから吸着面は対象物から離されてしまいます。よってプラスチックなどの弾力素材に直に使用した場合、走行による断続的な振動や突発的な衝撃でプラスチックとパテ/FRPの境界線にヒビが入り、酷い時には型を取ったかのように綺麗に一塊となってはがれ落ちる時もあります。
        なので通常は柔軟性のあるバンパーパテでベースを作ったり、専用ボンドやエポキシ系の補修材を使用したり樹脂を溶着させたりして対処します。

        ちなみに溶着ですが、これも良く雑誌などで見かける間違い事例ですが、プラスチックなどの樹脂をハンダなどで溶かして溶着するのですが、この時にそのまま溶かして溶着し、あとはパテで表面を均して完成!で済ませてしまうと、高確率でその部分が割れます。
        溶着の際は、溶かした部分にアルミやステンレスなどの細かいメッシュなどをキチンと繋ぎとして入れこまないと見た目が付いているだけで実際には強度はありませんので注意です。
        ※一度溶けたプラスチックやビニールがパリパリ割れるのと一緒です。
        でも実際にはこーゆう事をしっかりとやらないお店も多いようです・・・
        それとFRPは柔軟性があるぞ!と突っ込まれてしまいそうなので補足ですが、FRPはガラス繊維を入れ薄く作ることで柔軟性を得ていますので吸着面の樹脂に吸い付くほどの柔軟性はありません。

        そして最後に

        上記に記載のことはすべて自分のやり方を独り言として記したただけですので、誰に何を思うわけでもありませんし、誰を非難するわけでもありませんw

        でも過去に間違った雑誌の紹介記事を鵜呑みに信じて挑戦し、おもいっきり玉砕されたK氏の恨みは今もつづく・・・www

                  ☆★下記ランキングに参戦しています!★☆             
                    にほんブログ村 バイクブログへ & 
                    どちらも応援クリックよろしくです!
        【2006.11.21 Tuesday 10:07】 author : akane380 | PAINT BATTLE!! | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
        The Paint Battle!!
        0
          先日、以前から恐れていた光景がついにガレージにやって参りました。それは何かと申しますと、ガレージに車両が入りきらなくなってしまったんです!Σ(ノ∀`*)ペチッ
          現在、ガレージ内には作業スペース確保の為、製作中の車1台とバイク8台を残して自分の所有マシンを自宅に、時間の掛かる預かり作業車は実家の倉庫に保管し、なんだかんだ現在16台ものマシンに囲まれてしまいました。( ̄▽ ̄;)
          でもそのうちの7台は自分のマシンなので、いざとなったらシートをかぶせて自宅裏に放置でも良いのですが、それは極力避けたいのでチョイと困りましたw
          予定としては、今月末にゼファー750を納車して来月の頭にCB400Fを納車予定。
          でも来月の半ばに・・・3〜4台納入予定・・・。そろそろ身が滅びそうです・・・。


          そんな訳で、ついにスタンドにまで軽トラでマシンを一緒に持って行き、仕事中の休憩時間も返上+睡眠時間限界までカットして作業を早めることにしました♪
          そして、このビックスクーターは部品点数が多い上、一つ一つのパーツが大きいので、足付け研磨や下地塗装の際は部分的にガレージに運び、入れ替え差し替えで作業を進めることにしました。イソイソ!ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿セッセコ!


          そしてゼファー750もラインの下地塗装を済ませたので来週にはラインへ色を入れて、クリアーコート作業へと作業を進められそうです!

          それにしても、最近は時間がもっと欲しいです!(_ _。)ブルー
          ざっと自分の一日のタイムスケジュールを書いてみると、

          ・8時-10時 本業のバスの運転
          ・10.5時-14時 本業が暇な時は、ガレージにて作業
          ・14.5時-17時 本業のバスの運転
          ・18時-24時 スタンドのバイト
          ・24時-4時 作業やブログの作成
          ・4時-7時 睡眠♪

          睡眠時間は気合でなんとか乗り切れるとして、ガレージでの作業時間が短過ぎるんですよね・・・このタイムスケジュールは本気で何とかせねばなりません!
          でないと、自分の夢が叶えられませんし!
          ちなみに数年間追い続けている夢は、"24"のシーズン供舛魏箸任罎辰り観たいとのささやかな夢だったりしてw 
          しかもシーズン供船掘璽坤鶚犬鬚泙栖僂討い覆い里法△覆鵑世海譟とか思いながら深夜放送のシーズン垢魄柄阿望しだけ観てしまいショックを受けました・・・。
          ナンデヤネ━━(*´∀`)ノ━━ンッ
          まぁ、そんなこんなでこれから年末にかけて、ペイントバトルの幕開けです!
          そして今、時計を見てビックリ!現在午前4:30回ってました!!さすがに睡眠時間が3時間を切るとヤバイですw ......φ(*´о)ゞ  
          ということで・・・(つ∀-)゜゜゜寝ます♪

           ☆★いつも下記ランキング参戦を応援して頂き誠にありがとうございます!★☆             
                        にほんブログ村 バイクブログへ & 
                        どちらも応援クリックよろしくです!
          【2006.11.18 Saturday 04:48】 author : akane380 | PAINT BATTLE!! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          目指せデモ車!BS製作おっぱじめます♪
          0
            ここ最近、単車の整備や塗装ばかりこなして来ましたが、ついにウチのガレージにもビックスクーターの製作がやって参りました♪
            しかもデザインお任せ&改造自由ってな素晴らしい依頼です!


            そんな今回のお題車両がこちら↑。ホンダ MF06 フォルツァです。
            今回の話の経緯ですが、このフォルツァは以前にメッキパーツの取り付けを頼まれた事があり、その当時からオールペンをしたいとオーナーが言っていたのですが、自分も複数の作業を抱えているので現状いっぱいいっぱいな状態ということもあり、”来年になってからでも良ければやりますよw”などと話を濁していたのですが、あるスクーター雑誌にオールペン特集が載っているのを見てしまったらしく”我慢が出来ない!”とのことで何件かのショップに問い合わせたところ、外装一式+インナーペイントで25万円前後〜、近所の板金屋さんではデザインモノは出来ず、単色のみで18万円〜と言われたらしく、”まぁ妥当な金額なんじゃないのかな・・・”などと思いつつも、この状況で見捨てる訳にもいきませんので”年内に完成する保障は無いっすよ・・”と一言付け加えた上で作業オーダーを受けました。


            そして作業するにあたり、オーナーがショップに依頼しようとしていた希望の内容を聞いたところ、外装はキャンディーブルーをベースにファイヤーのデザインをフロントとサイドカウルへフレークでワンポイントとして入れ、インナーカウルはシルキースノーパールっぽい感じが希望らしいです・・・。ってショップに頼んだらいくらしてたんだこれ?ずいぶん贅沢な仕様じゃないっすか!w 多分、その雑誌の影響っすね・・・。
            そしてショップのデモ車に憧れるオーナーの希望を叶えるべく製作に入りますが、そんなオーナーの今回のご予算はなんとっ!25みゃんえん!Σ(☆o☆ノ)ノ
            25万ってそんな大金・・・堯腹◆/)/キャー! です!w
            我が家の家訓「損はしても得するな!」がモットーなのでw今回は予算内でオーナーに好みの部品を買ってもらい、使い果たして余った分を作業代に充てさせてもらいます♪やっぱこんな時はあれっすね!「我は木偶なり、使われて踊るなり・・・By英二」

            そして話を聞いてオーナーが現状、交換したい部品は、

            ・マフラーをUPタイプのモノ
            ・ビレットハンドルポスト
            ・GTウイング
            ・シート張替え
            ・メッキカバー関係
            ・ハンドル周りの小物


            そしてこちらから購入をお願いしたモノ

            ・純正ヘッドライト(現状、割れ、爪割れ破損)
            ・純正ラジエターインナーカバー(現状、無し)
            ・純正右サイドアンダーカウル(現状、爪割れ破損)
            ・純正ウイング(現状、無し)


            以上、予算枠ギリギリでどんな感じに仕上がるか楽しみですが、ショップに出して25万前後取られると思えば、各パーツが一新して同額の方がお得ですよね!依頼を受けるからには得してもらってナンボですのでw

            ただ問題なのが、ブログで紹介している作業だけでも

            ・ゼファー750(塗装)
            ・CB400F(プチレストア)
            ・コマジェ(ボアアップ計画もうすぐ開始)
            ・XJR400(ひろす次第で開始)
            ・etc


            こりゃパニックですね・・・w 只でさえ時間が無く、最近ではどの作業から紹介すれば良いのか順番にも悩み、スタンドから帰宅後、パソコンの前でボケーっと放心状態でブログの更新をする気力が抜けてるので、多分、今後も作業内容が転々と変化しますが大目に見てやってください宜しくですw ヾ(゚ω゚;)ゞ


             ☆★いつも下記ランキング参戦を応援して頂き誠にありがとうございます!★☆             
                          にほんブログ村 バイクブログへ & 
                     上記バナーをクリックでランクポイント1P GETです♪
            【2006.11.16 Thursday 10:05】 author : akane380 | PAINT BATTLE!! | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |
            XJR痛恨のエンジンブロー
            0
              つい最近、友人(変態)ひろす氏のXJR400のエンジンの調子が最悪に悪いとの報を受け、普段からF1サウンド並みに高回転域を常用しているひろす氏のエンジンもついに悲鳴を上げたか?と思い、さっそくスタンドに持って来てもらい様子を見てみると、どうも1番のEX側のバルブ周りが破損しブローしたようで、ニュートラルの状態でレーシングをすると甲高いノック音とともに6500rpm付近から霧状のオイルが多量にマフラーから吹き出されてきます。Σ(・ω・;)
              現状、エンジンをバラして確認したワケではないので、ハッキリと決めつけは出来ませんが、多分、バルブステムが曲がってガイド周辺を傷つけた為と思うのですが、ここで問題なのが、高回転時にシフトミスなどでギア抜けを起こした際にオーバーレブをさせバルブがジャンピングまたはサージングを起こしたものによるものなのか、またはタペットクリアランスが広くなり、その為にシムが割れ、その後砕けて突き上げが大きくなりバルブ周りが破損したのか・・・。(。-`ω´-)んー
              ひろす氏には申し訳ないですが、エンジンが壊れたと聞くと、非常にワクワクしますw それがどの状況でナゼ壊れたのか原因を追求し答えを探すちょっとした推理です♪
              自分は頭が弱いので、参考書とか読んでも理解出来ませんし暗記出来ないので、実践で直に考えて経験を積む方が楽なタイプで、毎回、エンジンが壊れると、バラす前に原因と破損箇所の予想を立てて、その後、バラしてみて答え合わせをする。この方が経験として頭に残るので効率も良いし、実践的で学ぶ事が多いのでいつもやっています。特に自分のゼファーのエンジンでは予想もしなかったような事をいろいろと経験し学ばされましたw

              まぁ取りあえず今回のXJRのエンジンですが、ヘッド周りがこうなるとシリンダーをバラしてバルブ周りを入れ替えて、必要であれば内燃機屋さんにてガイドを打ち買えなどなど、ノーマルエンジンでいまだ玉数の多いXJRにお金を掛けても仕方ないので、今回は中古エンジンを入手して、そっくりそのまま載せ変える事を選びました。



              そして早速エンジンを探してみたのですが、玉数が多いと苦労する事が無くて良いですね!今回は一切の苦労も無く、知人のバイク屋経由でいとも簡単に見つかり準備することが出来ました。ヾ(*´∀`*)ノ゛
              ちなみにひろす氏にはPCの事などでいろいろとお世話になっているので恩返しの意味で、今回はエンジン載せ変えついでに片手間でフレーム+その他の塗装をする予定です。

              以下、業務連絡
              っつーことで、変態ひろす!遊び歩いてねーで、早くバラすぞ! o(`ω´*)o
              今回放置プレーは無しじゃ!ちゃんとに手伝いなさい!この寒い最中に一人で長渕歌いながら孤独に水研ぎ研磨とか絶対にやらねーっすよ!←日常的光景
              あつ♪そこのH氏も他人事じゃないよ♪同罪だからねw 求刑→死刑(-ω-メ)

               ☆★いつも下記ランキング参戦を応援して頂き誠にありがとうございます!★☆             
                            にほんブログ村 バイクブログへ & 
                            激烈ランクダウンッ♪更にやる気無くす・・・
              【2006.11.13 Monday 10:11】 author : akane380 | PAINT BATTLE!! | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              CALENDAR
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              28293031   
              << January 2018 >>
              NEW ENTRIES
              CATEGORIES
              ARCHIVES
              RECENT COMMENT
              RECENT TRACKBACK
              ANALYZE
              SBR ガンコートサービス
              NOSガス再補充について
              お問合せはこちら
              MOBILE
              qrcode
              LINKS
              PROFILE
              SEARCH
              PAGETOP